銀座堂書店トップ >> 銀座堂通信 >> 【銀座堂通信】夏の定番!

【銀座堂通信】夏の定番!

今年もやります。新潮文庫の100冊!

 すっかり夏の風物詩にもなっている、「新潮文庫の100冊」。今年も銀座堂書店では100冊揃えてお客様をお待ちしております。新潮社のホームページを見ていると、何とこのキャンペーンは1976年からやっているのですね!(ほぼ私と同世代。。。)今年で36回目となります。さらにすごいのはこの36年間、欠かすことなく100冊に採用され続けている作品が11作品もあるということです。どの作品も時代を超えて読み継がれている名作です。私もこの夏改めて読んでみたくなりました。「新潮文庫の100冊」の良いところは、このような国内・海外を問わず、古典的な名作から、現代の人気作家の小説・エッセイ・ノンフィクションと幅広く、しかもバランスよく選ばれているところです。今回は今年の100冊の中から銀座堂書店が推している3人の作家さんの小説を紹介いたします。

恩田陸著 「夜のピクニック」 
恩田陸著 「夜のピクニック」

高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」。それは全校生徒が夜を徹して80キロを歩き通すという、北高の伝統行事だった。ただひたすら歩くだけなのに、なんでこんないろいろなことが起きるんだろう!

伊坂幸太郎著 「砂漠」
伊坂幸太郎著 「砂漠」

入学した大学で出会った5人の男女。共に経験した出来事や事件が、互いの絆を深め、成長させてゆく。自らの未熟さに悩み、過剰さを持て余し、それでも何かを求めて進もうとする青春時代!

米澤穂信著 「ボトルネック」 
米澤穂信著 「ボトルネック」

自分が生まれなかった世界にスリップした「僕」。そこで出会ったのは見知らぬ「姉」。世界のすべてと折り合えず、自分に対して臆病。そんな若さの影を描き切った青春ミステリー!

銀座堂書店トップ >> 銀座堂通信 >> 【銀座堂通信】夏の定番!